八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

76年前のアジア太平洋戦争終結後…

 76年前のアジア太平洋戦争終結後、1950年に戦後初の国勢調査が行われた。与那国島の人口は6158人だったが、復帰から3年後の75年には3分の1ほどまで減った▼島の適正人口は何人か。2011年3月策定の第4次町総合計画が掲げる21年の目標人口は1800人。観光、伝統的なものづくり、畜産、農業、水産業によって雇用を生み出し、定住促進を図ろうというのである▼20年の国勢調査人口は1676人だった。自衛隊員とその家族が転入しても、目標には100人以上足りない▼16年策定の町人口ビジョンでは、自衛隊員とその家族の人数を計260人と見込み、60年の人口目標を1511人と設定する。全国的な人口縮小トレンドのなかで、人口の減少幅をいかに圧縮するかが課題だ▼吉川博也・沖縄大学名誉教授は1984年の著書「与那国 島の人類生態学」(三省堂)で、島の人口を詳細に分析している。一例を挙げると、明治末から大正期にかけての時期については、人頭税の廃止や漁民の移住による久部良集落の成立などから人口増加の背景を説明している▼適切な人口規模の設定には、的確な現状認識と複眼的な視野が必要だ。来年は復帰50年の節目。糸数町政は島の針路をどう定めるのか。注視していきたい。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム