八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市20人、与那国3人

八重山館内感染状況

八重山館内感染状況

市「外出自粛を」 管内過去2番目

 八重山保健所は11日、管内で新たに23人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1日当たり20人超は5月31日発表分の25人以来で過去2番目の多さ。1週間でも過去最多の113人に迫る101人となり、感染が急拡大している。市は同日夕、不要不急の外出など移動の自粛を改めて呼び掛けた。

 新規陽性者のうち石垣市在住者20人で、保健所管内が3人。与那国町によると、管内3人と8日発表分の管内1人は町在住者。

 23人は男性11人に女性12人。年代別では10歳未満2人、10代1人、20代5人、30代6人、40代3人、50代4人、60代2人と幅広い年代で感染者が出ている。

 確定例の濃厚接触者は15人で、感染経路の内訳は家庭内8人、会食1人、知人6人。職業1人、サービス業3人、会社員1人。

 八重山病院には中等症9人、軽症5人が入院している。軽症者宿泊施設で39人、自宅で23人が療養中。入院・療養調整中が41人。

 中山義隆市長は同日夕、市役所で会見し、「連日2桁の陽性者が確認されるなど感染拡大傾向にあり、今後も夏休みや本土のお盆、沖縄の旧盆など観光や帰省にともなう人流増加による感染拡大が懸念される。不要不急の外出や移動の自粛、特に午後8時以降の外出は控えてほしい」と強調した。

 保健所は「会食の自粛だけでなく、冠婚葬祭の席での会食についても感染対策を十分とって」と呼び掛けている。

県内638人

 県は11日、10歳未満から90代までの男女638人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1日当たりでは過去最多だった5日の648人に次いで2番目に多い。累計では3万43人となった。

 年代別では20代143人、30代119人、40代94人、40代94人、10代73人、10歳未満49人の順に多い。感染経路は家庭内が124人と最多。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は246・84人で全国最多。次いで多い東京の199・35人を47・49人上回っている。

 療養中の患者は4840人。病院で643人、宿泊施設で1932人、自宅で1940人。入院療養調整中が269人。

 糸数公医療技監は「これまでにないスピードで感染が拡がっている。デルタ株の影響と考えている。新規感染者を抑制していきたい」と話した。

  • タグ: 新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム