八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

23日の開幕から17日間にわたり熱戦が…

 23日の開幕から17日間にわたり熱戦が展開された東京五輪が8日、閉幕した。日本の記録的なメダルラッシュに湧き、4人の関係者が出場した八重山でも金と銅、2人のメダリストが誕生し、歴史に残る大会となった▼その一方で、新型コロナウイルスは、感染力の強いデルタ株への置き換わりで全国的に急拡大。今月末まで首都圏や沖縄など19都道府県に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が取られているが、感染拡大の勢いは衰えない▼県内でも、新規感染者が1日600人、1週間に3600人を超え、先が見通せない状態だ▼では、八重山はどうなのか。ワクチン接種が他地域と比べ進んでいることから感染は比較的抑えられてきたが、ここにきて若者を中心に感染者が5日連続で二桁と、予断を許さない状況だ▼八重山保健所では、現状を「諸外国ならロックダウン相当」と感染拡大に危機感を示し、感染対策の徹底を訴えている。感染が低年齢化していることを考えると、2学期開始までに抑えこまないと、さらに厳しい局面ともなりかねない▼石垣市のワクチン接種は、10日時点で2回目接種が済んでいる人が65歳以上で93・5%に対し12~64歳は46・8%にとどまっている。感染拡大を防ぐため、若年者のワクチン接種を急ぐ必要がありそうだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム