八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

糸数氏が初当選 前西原氏に122票の大差

糸数氏(中央)と大勢の支持者が当選を祝い万歳三唱した=8日夜、崎原商店倉庫前

糸数氏(中央)と大勢の支持者が当選を祝い万歳三唱した=8日夜、崎原商店倉庫前

開票結果

保革共闘で町政刷新

 【与那国】任期満了に伴う町長選は8日、投開票が行われ、野党が擁立した元町議会議長で新人の糸数健一氏(67)=無所属=が628票を獲得し、前議長の前西原武三氏(67)=自民公認、公明推薦=に122票の大差をつけ、2度目の挑戦で初当選を果たした。4期16年の現町政路線に終止符を打った。元町議の池間龍一氏(70)=無所属=は55票だった。投票率は前回の92・93%を1・9㌽下回る91・03%だった。(8面に関連)

 今町長選は22年ぶりの三つどもえの争いとなったが、糸数氏と前西原氏による事実上の一騎打ち。外間守吉町長路線の継承か刷新かが問われた。

 陸上自衛隊与那国駐屯地が配備されて5年目の選挙となり、革新側は前回選挙と同様に革新系候補の擁立を断念。保守との共闘で糸数氏を擁立した。

 選挙戦で糸数氏は現町政運営を批判。「公平公正な行政運営」「排除の倫理はやめろ」などと訴えた。政策では与那国空港の滑走路延長・拡張、漁業資源の開発調査、役場の公平な行政サービスの徹底、ワーケーション推進に向けたICT通信のインフラ整備などを掲げ、支持拡大を図った。

 今選挙は保守、革新ともに分裂したため票読みが難しい情勢となったが、革新と保守の町議5氏の支持を得た糸数氏は革新票の流出を最小限に抑えた上で“反外間”の保守票を取り込んだ。自衛隊票も多く獲得したとみられる。

 一方、前西原氏は外間路線継承を訴え自公体制で臨んだが、保守票と自衛隊票が予想以上に糸数氏に流れる結果に。革新系の主張を展開した池間氏が、糸数氏の革新票を取り込めなかったことも間接的な敗因となった。

 池間氏は陸自駐屯地の増強反対などを訴えたが、支持を広げられなかった。

 糸数健一(いとかず・けんいち)氏。1953年8月18日生まれ。祖納出身。東京理科大学中退。06年から3期連続当選。3期目は議長。17年町長選出馬のため、同年に町議を辞職。

  • タグ: 与那国町町長選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム