八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小浜製糖宿舎が着工 今年度末までに完成

起工式でくわ入れを行う関係者ら=7月29日、小浜島(町産業振興課提供)

起工式でくわ入れを行う関係者ら=7月29日、小浜島(町産業振興課提供)

小浜製糖工場宿舎外観パース(町産業振興課提供)

宿舎配置図

働き方改革対応へ

 【小浜】JAおきなわ小浜製糖工場(豊見山孫令工場長)の季節工員宿舎建設工事が始まった。国が進める働き方改革に伴い、操業体制がこれまでの24時間2交代制から3交代制に変わり、季節労働者(工員)の必要人数が約1・5倍増えるため、受け入れ施設を整備。部屋数40室を確保する。工期は2022年3月31日、22―23年期の操業までに開設する。

 町や製糖工場の関係者らは7月29日、現工員宿舎周辺の町有地で起工式を行った。

 建設事業は内閣府の沖縄製糖業体制強化対策事業を活用。総事業費は5億9180万円。建設工事費の8割を国、残り2割は町が辺地債で負担。設計・建築を大和リース㈱沖縄支店=那覇市=と随意契約した。

 建物は鉄骨造平屋、延べ床面積735・5平方㍍。部屋数は40室(男性用28室、女性用12室)。居室面積は1室9平方㍍。シャワー室、トイレ、洗濯室は共用、食堂も有る。

 町産業振興課によると夏場などの製糖期外は、島内観光事業者の従業員向け宿舎として利活用も検討中。

 町内では西表、小浜、波照間の3製糖工場で工員宿舎整備を進めている。西表はことし3月に完工、波照間は2021年度内着工。

 小浜製糖によると、現在は工員ら約40人が2交代制で勤務。3交代制を確立するため60~70人ほどの工員が必要になり、今後は人員確保も課題になる。

  • タグ: 小浜製糖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム