八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏本番、観光客が続々 観光の日

竹富町観光協会は定期船に乗る観光客に「セーフティートラベルキャンペーン」をPRした=1日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

竹富町観光協会は定期船に乗る観光客に「セーフティートラベルキャンペーン」をPRした=1日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

8月の観光シーズン繁忙期を迎え、続々と来島する観光客=1日午前、南ぬ島石垣空港

地元団体「安全な旅」PR

 1日、夏の観光シーズン繁忙期となる8月を迎えた。南ぬ島石垣空港では本土直行便で多くの親子連れが来島、観光地や竹富町の島々へ渡り島旅を楽しんだ。8月1日は「観光の日」。石垣市、竹富町の観光関連団体は空港や港で観光客を歓迎、新型コロナウイルス感染拡大対策を呼び掛け、安全な旅をPRした。

 同日午前9時過ぎ、羽田空港からの観光客らが石垣空港に到着。

 石垣市観光協会青年部のメンバーは到着ロビーで歓迎。ちんすこうや黒糖、八重山の景色が写ったはがきなどの詰め合わせ3000セットを配布した。コロナ対策を求める観光メッセージも添付し、安全な旅行を呼び掛けた。

 竹富町観光協会と竹富町商工会は、ユーグレナ石垣港離島ターミナルで「セーフティートラベルキャンペーン」を実施。同企画は観光客にPCR検査などでの陰性証明を求め、町のキャラクター「ピカリャ~」の「セーフティートラベルステッカー」を贈呈するもの。地元住民と観光客が安心・安全を確認し合う取り組みで、ステッカーは服やかばんなどに着用を促している。

 町観光協会の担当者は「安心安全な旅で、島の人とも交流できるきっかけになれば」と願った。ステッカーは7~9日を除き、13日まで同ターミナルで配付。その後は町観光協、商工会で受け取れる。

 家族4人で船に乗った千葉県の40代男性は2年連続で西表島へ。「子どもが昆虫や生物が好きなので、カニなどを見に行きたい」と笑顔。コロナ対策はマスク着用と、家族のみでの食事を挙げた。

 市内のリゾートホテル関係者によると、8月の予約状況は稼働率5割ほどで、コロナ禍元年の前年より好調。県に発令されている緊急事態宣言も8月末まで延長されたが、大きなキャンセルは入っていない。

 八重山ビジターズビューローの金城徹専務は来島する観光客について「東京五輪も無観客になり、行き場を失ったケースもあるのだろう」と分析。その上で「感染対策を互いにしないと、本島で起きていることが八重山でも起きかねない」と感染対策強化を呼び掛けた。

  • タグ: 観光の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム