八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

世に名言や名スピーチとたたえられるものは…

 世に名言や名スピーチとたたえられるものは数多くある。米国公民権運動のなかで記念碑的な言葉として現代に伝えられる「私には夢がある」。25万人が結集した1963年、ワシントン大行進時のマーチン・ルーサー・キング牧師のスピーチ▼牧師はスピーチの中盤から終わりに向けて「私には夢がある」を何度も繰り返し、続けて未来への希望の言葉を紡ぎ、聴衆を熱狂させた▼では、この方の言葉は、国民にどう響いただろうか。7月30日、緊急事態宣言の拡大と延長決定にかかる官邸の記者会見時の菅首相発言である▼記者団に「国民と危機感を共有するために何が大切と考えるか」と問われた首相は、「まず国民の皆さんにはそれぞれの立場で危機感を持っていただくことが大事だ」と。問われたことに正面から答えず同じ答えを繰り返す。国民に向けて強いメッセージを発するチャンスを自らふいにした▼木で鼻をくくるような典型的な答弁。くしくも同日、政府の分科会の尾身茂会長から「強いメッセージの発出」を要請されていたにも関わらず▼変異株が猛威をふるい、新規感染「過去最多」の日が続く。首相にはキング牧師のような名言を期待しない。でも、今こそ民の心のど真ん中にずしんと響く鮮烈なメッセージが必要だ。これこそが政治の役割であろう。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム