八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「よっしゃー!」 平良投手に後輩らエール

平良海馬投手が最後の打者を空振り三振に仕留めると、喜ぶ真喜良サンウェーブのメンバー=7月31日午後、石垣

平良海馬投手が最後の打者を空振り三振に仕留めると、喜ぶ真喜良サンウェーブのメンバー=7月31日午後、石垣

真喜良サンウェーブ

 平良海馬投手を応援しようと真喜良サンウェーブ野球部の上級生8人は7月31日午後、黒島武浩コーチ宅=石垣=で日本―メキシコ戦を観戦。世界を相手に真っ向勝負を挑む先輩へ島からエールを送った。

 平良投手は7―2とリードした八回裏に登板。ブルペン練習を終えマウンドへ向かうと「きたきた」と声を弾ませた。先頭打者を空振り三振に仕留めると「すごい」と拍手。3番メネセスに2点本塁打を浴びた場面では「まさか」と信じられない様子だった。祈るように見つめ、最後の打者を空振り三振に仕留めると「よっしゃー」と再びガッツポーズを掲げ全身で喜びを表現した。

 平良飛雄主将(11)は「本塁打を打たれた後に三振とるのはすごい。かっこよかった」と憧れた様子。「優勝して金メダルをとってほしい」とさらなる活躍を期待した。

 チームで投手を務める内原悠翔君(11)は「クイックモーションでいろんな変化球と直球を投げ分けるところがすごい。相手を抑えたときはうれしかった。自分も海馬先輩みたいに抑えられるようになりたい」と刺激を受けていた。

  • タグ: 平良投手オリンピック
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム