八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本が推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄北…

 日本が推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄北部及び西表島」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産登録が26日、オンラインで開催された国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第44回世界遺産委員会で決まった▼イリオモテヤマネコやヤンバルクイナ、アマミノクロウサギに代表される希少な固有種が数多く生息する「生物多様性」が評価された▼2003年に環境省と林野庁が国内候補地として選定してから18年、17年の推薦から4年。18年の「登録延期」勧告を受けての推薦取り下げ、19年の推薦書再提出の経緯を経ての決定だ▼ただ、登録に当たり、希少種の輪禍対策などが課題として国際自然保護連合(IUCN)から指摘されている。登録により、観光客の急増が見込まれる。それだけ輪禍被害、自然環境への負荷が増すことに。対策は急務だ▼本島北部、奄美が歓迎ムードなのに対し、西表にはそれが無い。登録による住民生活面への影響やオーバーツーリズムに拍車がかかることへの懸念もある▼入域観光客に、自然環境や住民生活、文化などに責任を持ってもらう「責任ある観光」の推進や入域客の総量規制などが検討されている。生物多様性が認められた自然を未来に引き継ぎ、住民生活と調和した遺産となるよう、実効ある対策が求められている。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム