八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一部残し切り倒しへ 木の内側腐り空洞化

「仲道の三番アコウ」の状態を確認する樋口純一郎樹木医。8月1日に一部を残して除去する=27日午前、市内登野城

「仲道の三番アコウ」の状態を確認する樋口純一郎樹木医。8月1日に一部を残して除去する=27日午前、市内登野城

仲道の三番アコウ

 台風6号の暴風で一部が折れた石垣市文化財記念物史跡「仲道の三番アコウ」(オオバアコウ)の被害状況を確認するため27日、樹木医が診断した。その結果、腐朽菌により木の内側が腐り空洞化しているため、一部を残して切り倒すことになった。作業は8月1日を予定。

 沖縄本島から訪れた樋口純一郎樹木医によると、推定樹齢200~250年とされる三番アコウは、幹の中が腐り樹勢が衰えているという。2016年には腐った箇所の枝打ちも行っている。

 現状は、腐朽が進む古い幹の外側を若い幹が覆うように成長。成長した幹から枝が伸び、青々と葉をつけた状態だ。

 樋口樹木医は、外側の若い木の葉に強風が吹きつけ抵抗がかかったことで、腐朽し脆弱な幹が裂けるように折れたと推測。市教育委員会と話し合った結果、腐朽部分は除去することで一致した。

 三番アコウは、登野城から平得・真栄里の分岐点にあり、古くから道しるべとして親しまれ、緑陰としても農作業帰りや行商の人々の集いの場となってきた。かつては、三番アコウから西へ100㍍の道路の分岐点に二番アコウ、さらに西100㍍の分岐点に一番アコウがあったが、現在は三番アコウのみが残っている。

  • タグ: 仲道の三番アコウ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム