八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【号外】西表島 世界自然遺産登録

常緑照葉樹林が広がり豊かな生態系を育む西表島。国内5件目の世界自然遺産に登録された=6月11日

常緑照葉樹林が広がり豊かな生態系を育む西表島。国内5件目の世界自然遺産に登録された=6月11日

ユネスコ 生物多様性を評価

 オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第44回世界遺産委員会は26日、日本が推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)を世界自然遺産に登録することを正式に決めた。島の成り立ちを反映した独自の生物進化を背景とし、国際的にも希少な固有種に代表される「生物多様性」の保全上重要な地域であることが評価された。国内の自然遺産は屋久島(鹿児島県)、白神山地(青森、秋田県)、知床(北海道)、小笠原諸島(東京都)に次ぐ5件目。

 登録区域は、日本列島の南端部約1200㌔にわたり弧状に点在する琉球列島の一部。4島にまたがる登録地の面積は4万2698㌶(西表島2万822㌶、沖縄島北部7721㌶、奄美大島1万1640㌶、徳之島2515㌶)。その大部分が森林だ。

 かつて4島はユーラシア大陸とつながっていたが、約1200万~200万年前の地殻変動や海面変化で切り離され島々を形成。閉ざされた島の環境下で生き延びたイリオモテヤマネコやヤンバルクイナ、アマミノクロウサギに代表される多くの陸域生物が希少な固有種として独特の進化を遂げてきた。現在、登録地には国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの絶滅危惧種95種(うち75種は固有種)を含む陸生動植物が生息・生育している。

  • タグ: 世界自然遺産西表島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム