八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

食品類、台風で品薄 観光客孤立「予定ない」

コンビニの陳列棚はがらがら。22、23日の入荷予定はないという=21日午後、市内

コンビニの陳列棚はがらがら。22、23日の入荷予定はないという=21日午後、市内

石垣島と竹富町の離島を結ぶ定期航路は23日まで欠航を予定している=21日午後、ユーグレナ石垣港離島ターミナル

 暴風が長期化する可能性のある台風6号の接近を前に21日、市民らは食料備蓄のため買い出しに走り、店舗では食品類の品薄状態に。航空路線と離島航路も全便欠航し、移動手段も限られた。島に孤立した観光客は「予定がない」とつぶやく。

 石垣市内スーパーでは朝から多くの市民が足を運び、レジ前に列をつくった。「早く行かないと商品がなくなるかも」と感じた30代女性=平得=は、午前9時過ぎに店舗入り。米、野菜、水などを買い込んだ。同女性は「商品は結構あったが、そのうち無くなるのではないか」と心配する。

 コンビニエンスストアでは早くも品薄状態となっていた。ある店舗では、船積みで送られるパンの入荷が20日を最後にストップ。陳列棚はがらがら。冷凍食品、デザートも少ない。同店によると22~23日は完全に入荷予定がない。店舗の男性は「台風が明けても店に商品はないかもしれない」と懸念した。

 この日、空・海ともに路線が全便欠航。行き先を失った観光客は、ユーグレナモール周辺でぶらぶら散策。

 東京都から来たあるカップルは3泊4日の予定で来島し、西表島と石垣島を満喫。22日に島をたつ予定が台風接近で24日に振り替えた。

 旅行日程はあと2泊あるが予報は台風直撃。30代男性は「あす(22日)は外に出られないので、ホテルでゆっくりしたい。他に予定はない」と苦笑い。八重山観光について30代女性は「由布島で水牛車に乗れて楽しかった」と笑顔をみせた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム