八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

コロナ禍の現在からは、まったく想像も

 コロナ禍の現在からは、まったく想像もできないことであるが、本土復帰前の石垣では「映画見学」という教育活動があった。学校単位で映画鑑賞をしにいくのである。超が付く「密」状態で▼たいていは「文部省推薦」の映画をみるのであるが、それでも学校とは違う「非日常」である。心うきうき、わくわく、どきどきの時間だった。別に感想文を求められた記憶もなく、実に「ゆるい教育」▼そのあおりを受けて当時、真面目いちずな生徒は「文部省」のあだ名を付けられた。先生の言うことをよく聞く、成績が比較的よろしい生徒たち。本人には実に不名誉だったようだ▼映画見学でどんな映画を見たのか、ほとんど記憶にないが、ひとつだけ鮮明に覚えている映画がある。市川崑監督の「東京オリンピック」。世界のアスリートたちの躍動する筋肉美、スローモーション映像に思わず息をのんだ。スポーツの素晴らしさを伝えてあまりある記録映画▼映画見学はテレビの普及もあったか、いつしか学校行事から消えたが、その当時、児童生徒だった世代には「文部省」のあだ名とともに忘れがたい思い出▼「祝祭」感も何もないままに東京オリンピック2020が始まる。変異株の第5波、懸念とともに。今の子どもたちにどんな記憶を残すのだろうか。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム