八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「伊良湖岬に届け」 54個のやしの実投流

「愛のココナッツメッセージやしの実投流」で市観光交流協会の関係者とミス八重山がやしの実を投流した=15日午前、鳩間沖(石垣市観光交流協会提供)

「愛のココナッツメッセージやしの実投流」で市観光交流協会の関係者とミス八重山がやしの実を投流した=15日午前、鳩間沖(石垣市観光交流協会提供)

愛のココナッツメッセージ 鳩間島沖

 石垣市観光交流協会(会長・中山義隆市長)の友好観光協会、愛知県田原市の渥美半島観光ビューロー(会長・山下政良田原市長)が伊良湖岬・恋路ヶ浜を舞台にした島崎藤村の叙事詩「椰子の実」の再現を目指す「愛のココナッツメッセージやしの実投流」を15日午前、鳩間島沖で行った。コロナ禍の影響で田原市からのツアー客は来島できず、石垣市側の関係者が54個のやしの実を投流、「伊良湖岬に届け」と願った。

 やしの実投流はことしで34回目。詩のロマンを再現しようと「遠き島」に見立てた石垣島から毎年、やしの実に「波にのせ想いは遥か恋路ヶ浜」と刻んだ金属プレートを付けて海に投流している。

 例年は市の爬竜船競漕大会に合わせて実施していたが、市の非常事態宣言と重なり延期。市観光協の副会長3人、ミス八重山星の砂の杉本優美さんの4人が代理で投流した。

 杉本さんは「来年は田原市の皆さんが投流できることを祈っている」とコロナ収束を願った。市観光協の親盛一功副会長は「伊良湖岬に届けと思って投流した。やしの実が来年には到着して、対面式ができたら」と期待した。

 市観光協によると19年は1062個を投流し、42個が国内の海岸に漂着。20年は402個で到着ゼロだった。ことし4月には過去2年間の対面式を行った。

 やしの実が国内の海岸に流れついた場合、持ち主と拾い主のうち、抽選で選ばれたペア2組が恋路ヶ浜での対面式に招待される。

  • タグ: 愛のココナッツメッセージやしの実投流石垣市観光交流協会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム