八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

五穀の恵みに感謝 字石垣でユーヌシュビ

ブンヌスーを供え、五穀豊穣の恵みに感謝する神司ら=15日午前、宮鳥御嶽

ブンヌスーを供え、五穀豊穣の恵みに感謝する神司ら=15日午前、宮鳥御嶽

神にブンヌスー供え 宮鳥御嶽

 豊年祭を前に石垣字会(森永用朗会長)は13、14日、ユーヌシュビ(世の首尾)を宮鳥御嶽で行い、稲刈りを無事に終えた報告と五穀豊穣の感謝を神に祈願した。

 字会は11日にスクマアギ(米の初上げ)、13日からユーヌシュビを行い、初日の夜ごもりでは字会役員らが香花、お酒を供え、夜8時ごろから弥勒節やジラバを唄った。2日目の14日午前に行われた朝願いでは山、海の幸をあえ盆に盛った伝統のブンヌスーを神に供えた。

 ブンヌスーは高膳四つにそれぞれ9個のわんに盛られる。材料はイシャヌメー(いぼぐさ)、マーミナー(もやし)、サフナ(長命草)、マンジュマイ(パパイア)、インミズナ(スベリヒユ)、スーナ(オゴノリ)が使用されている。真ん中のウフズー(大わん)には全て混ぜたものにきびなごを乗せ、バラザン(わらザン)をかぶせる。材料の仕込みや味付けは婦人会役員が2日間かけて行う。

 朝願いでは神司らが拝殿で五穀豊穣への感謝、稲刈りの終了を報告。クワズイモの葉でブンヌスーを包み、神酒とともに供えるなど一連の儀式を終えた。

 神司の小川喜美江さんは「ユーヌシュビは最も大切な行事。滞りなく終えることができて本当にほっとした」と安堵の表情、喜瀬悦子さんは「1年の願いの締めくくりができた。これから豊年祭に向けた段取りや準備も始まっていく」と語った。

 森永会長は「宮鳥御嶽の神様も喜んでいると思う。こうした大切な行事を字民で伝承し受け継いでいきたい」と話した。

  • タグ: ユーヌシュビ宮鳥御嶽
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム