八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

少雨傾向で散水呼び掛け キビにロール現象の兆し

少雨傾向が続く中、散水車が出動し水をまいた=14日午前、市内白保のほ場

少雨傾向が続く中、散水車が出動し水をまいた=14日午前、市内白保のほ場

石垣島製糖

 八重山地方は6月下旬から雨の少ない日が続いており、石垣島製糖㈱(松林豊社長)はサトウキビへの影響を懸念、葉の黄変やロール現象が発生する前の早めの散水を呼び掛けている。

 同社によると、石垣島内の地域によってはロール現象が生じる兆しが出ており、水を必要とする生育旺盛期にあたるため、被害の発生を懸念する。

 多宇弘充取締役農務部長は「ことしは3~4月の萌芽期に適量の雨が降り、出来がいい。今は、キビが大きく成長する生育期で水が必要となる。葉が青いうちの散水が効果的」と協力を呼び掛ける。

 この日、白保のサトウキビ畑では朝から散水車が稼働。畑に向けて放水銃で大量の水をまいた。

 沖縄気象台によると、石垣島では6月28日以降、まとまった雨が降っていない。西表島や波照間島、与那国島などでも少雨傾向が続いている。

 八重山地方の向こう1週間は、期間のはじめは太平洋高気圧に覆われておおむね晴れ、その後は湿った空気や気圧の谷の影響で曇りや雨の降る日が多い。

 最高気温と最低気温はともに、期間のはじめは平年並みで、期間の中頃からは平年並みか平年より低く、降水量は平年並みとなる見込み。

  • タグ: キビにロール現象石垣島製糖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム