八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

真乙姥嶽に不法投棄 警察への被害届も検討

ごみ袋12袋分の缶ビールやカップラーメン、調味料のボトルなどが投棄されていた=12日午後、真乙姥嶽

ごみ袋12袋分の缶ビールやカップラーメン、調味料のボトルなどが投棄されていた=12日午後、真乙姥嶽

 四カ字の豊年祭ムラプールの祈願や奉納芸能行事が行われる真乙姥嶽に大量の家庭ごみの不法投棄があった。新川字会の金城文雄会長は「字民が祈りをささげる神聖な場所にごみを捨てるなど言語道断だ」と怒り心頭だ。

 何者かにより捨てられた大量のごみが見つかったのは12日、同会役員らが豊年祭に備えて同嶽の清掃をしていた時のことで、敷地の道路に近い場所に缶ビールやカップラーメン、しょうゆなどのボトル、牛乳パック、食品のトレーなどが分別されずに石垣市指定のごみ袋に詰められていた。

 ごみは役員らで分別した後、処分する予定で石垣市へは不法投棄禁止の看板設置を求めている。

 金城会長は「こんなことは、これまでなかった。中学生たちの通学路でもあり、教育上よくない。信じられないことをする人がいる」とあきれた様子で話した。

 今後は、警察へ被害届を出すことも検討しており「二度とこのようなことはやらないでほしい」と訴える。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム