八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市ワクチン一般接種開始 7月で1万6000人を予定

35~64歳を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種を受ける人=17日午後、市総合体育館メインアリーナ

35~64歳を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種を受ける人=17日午後、市総合体育館メインアリーナ

35~64歳 初日は735人が1回目

 一般を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が9日、石垣市総合体育館メインアリーナで始まり、初日は35歳から64歳までの希望者735人がワクチン接種を受けた。重い副反応などが出た人はいなかった。7月29日まで行われる1回目の接種には9日夕方時点で先行接種した観光従事者などを除く約1万6000人のうち7300人が予約を済ませた。企画政策課の担当者は「危険なものではないので安心して打ってほしい」と多くの市民の接種を呼び掛けた。

 対象者の内35歳から64歳までの市民へは1回目の接種券を7日までに送付。19歳から34歳の市民へは20日ごろ手元に届く。

 市では今回、米ファイザー製ワクチン3万4600回分を確保しており、1回目の接種を今月29日までに終わらせる。2回目は7月30日から8月19日まで実施する。今後もワクチンが入荷次第、予約枠を増やして接種を加速していく方針。

 この日、会場では診察を担当する医師4人とワクチン接種を行う看護師4人のほかサポート役の保健師や市の職員が対応に当たった。

 接種は午後6時まで行われ、1人のキャンセルもなく予約数と同数の735人が受けた。

 初めての土曜日となる10日は約1200人が予約。診察を担当する医師5人、ワクチンを接種する看護師6人で対応に当たる。

 同課の担当者は「高齢者では8割以上の接種率を達成した。接種率が70%までいけば集団免疫が獲得できると言われている。ワクチンを打って島の経済を再び回せるよう早めの予約を」と協力を呼び掛けた。

 この日、ワクチンを接種した根間佳恵さんは「まったく痛くなく、気づいたら終わっていた。高齢者と同居しているので早く打ちたかった。一般接種が始まり一安心だ。子どもたちの接種も早めに進めてほしい」、仲野雅一さんは「新型コロナがまん延しだしてから新年会や忘年会、模合など一切できない状態が続いている。ワクチンが進んで元の生活に戻ることを期待したい」と話した。

  • タグ: ワクチン接種新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム