八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

12~34歳で先行接種 きょうから申請受付開始

37588.jpg

石垣市

 石垣市は5日夕、新型コロナウイルスワクチン接種で「満12~34歳」の市民を対象に接種券先行配布と接種を行うと発表した。対象者は①夏休み中、オープンキャンパスや就職活動、里帰りなどを控える12~18歳②地域行事の参加予定者③出張があり、早めの接種が必要な市民―と三つ条件がある。対象者は、最短で6日から申請が可能。ワクチン接種は最短で9日から受けられる。

 市は5日から「35~64歳以下」の市民への接種券を配達、7日午前9時から予約受け付けを開始する。「19~34歳」の接種券は20日頃の到着を予定。「12~18歳」の高校生以下は8月以降に接種券発行を予定する。

 この日、市が決定した先行接種で「12~18歳」は、保護者の申請があれば先行して接種券を発行する。申請には保護者の本人確認できる健康保険証などが必要で、即日発行される。申請は市健康福祉センター窓口で6日から当面の間受け付ける。接種時期は最短で9日から可能。保護者が里帰りする際、12歳以上の子の接種も可能。対象者は約3800人。

 豊年祭、旧盆などの地域行事に参加する「34歳以下」の市民は、公民館単位での申請となる。申請様式は市のホームページ(HP)に掲載する。申請期間は6日午前9時~9日午後5時まで。提出先は同センターの窓口。接種券は申請書提出の翌日、午後3時以降に同窓口で配布する。「12~18歳」「34歳以下」の対象者が9日に接種を受けるには、7日中の予約が必要。

 出張などの理由で早めの接種が必要な「34歳以下」の市民は、市HPの専用フォームで7日~9日午後5時まで申請可能。接種券は13日午後1時以降、同窓口で受け取れ、本人確認も必要。接種は最短で15日。エッセンシャルワーカーなどを除いた「19~34歳」の接種対象者は約6000人。

 ワクチン接種場所はそれぞれ、市の集団接種会場、かりゆし病院、徳洲会病院のいずれか。

 市役所で会見した中山義隆市長は「地域行事や伝統行事を守ることは大事なこと。参加する若手が『接種しないと心配』となれば参加者も減る。接種して地域行事、催事に参加してほしい」と呼び掛けた。

 市は6月26日~7月3日までの間、高齢者やエッセンシャルワーカーを除く観光事業者2226人、基礎疾患者124人、全国大会などに出場する高校生71人の優先接種を実施した。

  • タグ: 新型コロナワクチン接種
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム