八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

オクラ出荷ピーク 品質上々、100㌧見込む

出荷のピークを迎えている石垣島産オクラ。「オクラの日」の4日は、大田市場出荷用が特価で販売された=4日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場

出荷のピークを迎えている石垣島産オクラ。「オクラの日」の4日は、大田市場出荷用が特価で販売された=4日午前、JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場

加工商品も誕生 JA生産部会

 同部会によると、2020年度は1520㌃で栽培し約89㌧を出荷、1億1282万円の売り上げがあった。販売数量、販売金額とも前年度からそれぞれ45%、60%アップした。大田市場には89㌧を出荷した。

 今期も同程度の面積で作付けしており、100㌧の販売を見込む。出荷は4月から始まり、5月上旬は空梅雨の影響で収量を落としたが、その後回復し、これまでに40㌧を出荷した。営農振興センター営農販売課の大濵靖宜さんは「現段階で計画の生産量を超えており、秀品率も向上している」と話す。

 オクラの日には、大田市場出荷用に選別されたA級品1ネット8本入りを50円の特価で300ネット限定販売した。

 これに合わせ、部会員の登野城和代さん(61)=字石垣=はカットオクラと粉末オクラのドライ商品も販売開始した。「規格外が出るのでもったいない」と1年前から加工に取り組んで商品化したもの。種を取り除いた粉末商品は介護職や離乳食などのとろみ付けにも使える。カットオクラはみそ汁やあえ物にできるという。

 「一年間、オクラの栄養がとれるようにし、幅広く使える商品にしていきたい。安心安全な石垣島産オクラを発信していきたい」と意気込んでいる。

  • タグ: オクラJA生産部会オクラの日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム