八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

犠牲者に鎮魂の祈り 尖閣列島戦時遭難死没者慰霊祭

犠牲者の冥福を祈る参列者=3日午後、尖閣列島戦時遭難死没者慰霊之碑

犠牲者の冥福を祈る参列者=3日午後、尖閣列島戦時遭難死没者慰霊之碑

折り鶴細工も奉納

 尖閣列島戦時遭難死没者慰霊祭(尖閣列島戦時遭難者遺族会主催)が3日午後、石垣市新川舟蔵の慰霊之碑前で執り行われ、遺族6人が犠牲者を追悼し、鎮魂の祈りをささげた。慰霊祭は2002年から開催しており、ことしで20年目。昨年同様、新型コロナウイルス禍ということで規模縮小し、役員のみで行った。

 住職による読経の後、参列者が焼香し、手を合わせた。携帯電話を通して電話越しに読経を聞く遺族もいた。

 玻名城健雄会長(74)はこの日、同級生の安室義教さん=登野城=から預かった折り鶴細工を奉納。カラフルな折り鶴を配置し、中央に「鎮魂」の文字が記されている。遺族ではない安室さんは参列できなかった。文字紙作製には半年ほどかかったという。

 玻名城会長は「来年はコロナが収束して、多くの遺族や関係者が慰霊祭に参加できるよう祈りたい」などあいさつした。

 参列した宮良正之さん(74)=大川=は、遭難先の尖閣諸島で亡くなった当時2~3歳の姉・洋子さん、兄・邦雄さんを追悼。「姉は姉ちゃんぶって、泣くことを我慢していたと聞いた。もう、悲しいことが起こってほしくない。だいぶ前の話だが、姉と兄は小さいのに亡くなって残念だったと思う」と悔やんだ。

 同事件は1945年7月3日、約180人を乗せた疎開船の第一千早丸、第五千早丸が米軍機の機銃掃射を受け、第五千早丸が沈没し、銃撃死や溺死で犠牲者が出た。慰霊之碑には80人の名前が刻まれている。生存者は魚釣島で約1カ月間の遭難生活を強いられ、餓死者も出た。遭難者の一部が小舟で石垣島に渡って救助を要請し、救助された。

  • タグ: 尖閣列島戦時遭難死没者慰霊祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム