八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

JTAが職員派遣 物産販路開拓強化へ

JTAから石垣市に派遣された西盛東二さん(左から2人目)。主に物産販路開拓業務を担う=1日午前、市役所

JTAから石垣市に派遣された西盛東二さん(左から2人目)。主に物産販路開拓業務を担う=1日午前、市役所

初の民間人材受け入れ 石垣市

 石垣市と日本トランスオーシャン航空(JTA)は包括的連携協定に基づく人材派遣交流を行うことになり、市に1日、JTA八重山支社から社員1人が派遣された。市が民間企業から人材を受け入れるのは初めて。同日付で辞令を交付、農林水産商工部商工振興課物産振興係の主査として配属した。主に物産販路開拓業務を担い、JTAで培った知識・経験を生かす。

 両者は2019年3月、相互に有する資源を効果的に活用し産業振興、地域ブランドの形成に連携・協力として取り組むことを内容とする同協定を締結している。

 派遣されたのは西盛東二さん(38)で期間は来年3月末まで。状況によっては協議の上、延長もある。西盛さんは直近まで空港全般に関わる業務に従事していたが、貨物のハンドリング業務の経験がある。

 玉城力八重山支社長兼八重山営業所長は「農林水産部と商工振興課がいっしょになって6次産業化を目指す中、石垣市から税関空港の役割を発揮したいとの要望があった。西盛は適任。行政と民間の強みを出し合って市の発展に寄与したい」と述べ、西盛さんは「石垣市の特産品を県外、海外に販路を築けるよう微力ながら頑張りたい」と抱負。

 中山義隆市長は「コロナ禍で観光客も航空便も大幅に減り、輸送体制の課題がある。民間の知恵や経験を市政運営に生かせると思う。農林水産商工部に新たな人材を迎えることができ、非常に期待している」と話した

  • タグ: 石垣市民間人材
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム