八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

高卒就職 島内志向も 八重山雇用対策推進協

ハローワーク八重山雇用対策推進協議会が開かれ、関係者が雇用の課題を指摘した=29日午後、石垣市商工会館

ハローワーク八重山雇用対策推進協議会が開かれ、関係者が雇用の課題を指摘した=29日午後、石垣市商工会館

地元求人は19年比3割減

 ハローワーク八重山雇用対策推進協議会の総会が29日午後、石垣市商工会館で開かれ、関係者が高卒就職先に県内・島内志向が高まっている可能性を伝えた。ことし6月の新規学卒者求人数は、新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年比で3割減少している。

 事務局の八重山職業安定所(真壁朝文所長)によると、21年3月卒の新規高等学校卒業者就職状況は希望者72人全員が内定。ただ、県外内定者は前年3月卒比の30・2%(16人)減の37人。県内就職内定は35人で例年並み。

 6月から始まった管内の新規学卒者求人は6月26日付で49人分。前年同月16人を上回っているが、コロナ禍以前の19年6月比だと32%(40人)減となる。

 協議会の中で八重山商工高校の仲山久美子校長は、同校1~2年生の就職希望先で、県内・島内志向が高まっていると指摘し、取材に「コロナ禍で保護者も親元を離したくないのだろう」など推測する。

 真壁所長は取材に「県外就職の数が減るのは、競争率が高まって厳しいという先輩の経験を聞いているのでは」と予測、地元求人増加の必要性を述べた。

 このほか、障がい者の職業紹介状況は20年度新規就職申込件数104件で前年度比12人減。就職件数は71件で前年度比1件増加した。

 協議会では役員改選、20年度事業報告、21年度事業計画の3議案が承認。役員改選では会長に大濵達也氏、副会長に浦崎達夫氏、監事に石垣信治氏、上地克昌氏が選任された。

 21年度事業では7月27、28日に新規学卒者企業面接会、10月13日に就職面接会を予定。昨年度に実施できなかった人材確保対策「就職氷河期世代、子育て応援を対象とした企業説明会」は10月以降を予定する。

 その他の委員は次の皆さん(敬称略)。

 ▽笠原宗一郎▽宮良八十八▽金城安和▽小濵啓由▽田島忠幸▽黒島直人▽仲山久美子▽与那嶺国彦▽屋宜靖▽杉本和信▽宮良亜子▽高橋秀明▽米盛博明▽前村司▽親盛一功▽真壁朝文

  • タグ: 高卒就職ハローワーク
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム