八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏の味覚出荷始まる ゆうパック

ゆうパックでの出荷が始まり、関係者らが手渡ししながら配送車へ積み込んだ=24日午後、八重山郵便局

ゆうパックでの出荷が始まり、関係者らが手渡ししながら配送車へ積み込んだ=24日午後、八重山郵便局

旬を迎え、石垣島の夏の味覚として全国の消費者へ届けられるパインとマンゴー

石垣島産パイン・マンゴー

 石垣島産パイン・マンゴーのゆうパックの全国の消費者向けの出荷が24日から始まった。新型コロナウイルスの影響による空路減により、輸送力の低下が懸念されていたが、JTA、ANAともに中型機を導入。八重山郵便局(島仲貞克局長)によると、例年に近い輸送力が確保できる見通しだという。パイン・マンゴーは全国の郵便局の窓口などで注文でき、同郵便局取り扱い分としては、昨年とほぼ同じパイン4万箱、マンゴー1万箱の出荷を計画する。

 生産者団体でつくる石垣島ゆうパックの会の上間昇会長は「これから最盛期を迎えるジュワリーパイン(ハワイ種)は豊作とはいかないが前年並みでなんの問題もない」とし、「新型コロナの影響で物流の面で心配があるが『なんくるないさ』の気持ちで出荷したい」と意気込んだ。

 関係者を招いた出荷式は午後1時から同郵便局敷地内で行われ、島仲局長が「すでに注文が入ってきている。生産者が丹精込めて作った石垣島のパインとマンゴーを贈り物として選んでもらいたい」とPRした。

 中山義隆市長は「パインとマンゴーが全国の消費者の元へ届けられる。日本一おいしいパインとマンゴーを味わってほしい」と呼び掛けた。

 出荷伝達式では、生産者代表や物流関係者などが箱に詰められたパインとマンゴーを順々に手渡ししながら配送車へ積み込んだ。

  • タグ: マンゴーパイン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム