八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

戦後76年を迎え県内では「慰霊の日」の

 戦後76年を迎え県内では「慰霊の日」の23日、県主催の沖縄全戦没者追悼式をはじめ、石垣市、竹富町、与那国町主催の追悼式が各地で開かれ、多くの県民が戦没者に鎮魂の祈りをささげ、反戦、恒久平和を誓った▼例年、式には児童生徒を含め大勢の遺族や関係者、市民らが参列するが、緊急事態宣言が発令される中、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、参列者を絞り、規模を縮小しての開催となった▼戦争体験者が年々減少する中、昨年、今年と続く新型コロナによる規模縮小が、沖縄戦を語り継ぐ機運に水を差すことになってはならない▼戦時中、八重山では1万6884人がマラリアに罹患(りかん)、3647人が命を落とした。体験者の中には、新型コロナがまん延する現状を、戦時下のマラリアと重ね合わせる人もいるという▼新型コロナも県内で感染者が2万人を超え、毎日100人近い感染者が出ている。医療環境が整っている現代だからこそ、亡くなる人は最小限に抑えられている。薬も無く、栄養、衛生、医療環境が今とは比べものにならない当時は、想像を絶する惨状だったに違いない▼市内では来月9日から64歳以下への新型コロナワクチン接種が始まり、8月19日には終える計画。来年の慰霊の日は通常開催できそうだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム