八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

PCR検査など義務化 陰性証明で観光優待特典

「あんしん島旅プレミアムパスポート」をPRする中山市長=21日夕、石垣市教育委員会

「あんしん島旅プレミアムパスポート」をPRする中山市長=21日夕、石垣市教育委員会

特典提供協力店QRコード

市島旅パスポート

 石垣市の中山義隆市長は21日午後、観光シーズンの7月1日から12歳以上の来島者に対し、市の条例に基づき新型コロナウイルスのPCR検査などを義務付けると発表した。陰性証明した来島者には市の事業「あんしん島旅プレミアムパスポート」を発行、市内事業所で割り引きなど優待特典を受けられる。

 検査の義務化は市新型コロナウイルス感染症等対策条例の3~5条に基づき、市民と来島者を対象に行う。同条例に罰則と強制力はない。島外渡航が短期間の市民には帰島後1週間、会食など自粛を求める。

 パスポート事業は人流再開後の感染拡大を防止する観点で、感染防止と経済の両立を図ることが目的。7月1日以降、市条例に基づき空路で帰省・帰任含む来島者に▽出発前72時間以内のPCR検査、抗原検査での陰性証明▽2回のワクチン接種証明―いずれかの掲示を求め、要件を満たした来島者に滞在日数を有効期限としたパスポートを発行。宿泊、飲食、観光施設などの事業所で割り引き等を受けられる。

 石垣市教育委員会で行われた会見で中山市長は「5月の苦い経験を二度と繰り返さないよう、より実効性のある観光振興策を打ち出す」として同事業を発表。「来島者には一律に来島前のPCR検査、抗原検査を義務付ける。来島前の検査は自費だが、パスポートで負担額同等かそれ以上のサービスが受けられる」と強調、協力を求めた。

 同事業の協力店は、市が定める感染症対策を行う。21日時点で対象店は101店舗だが、開始までに300店舗へ拡大を目指す。

 同パスポート発行の手順は事前に陰性証明などを受け、南ぬ島石垣空港ロビーに設ける特設ブースで証明書を掲示した後、パスポートを受け取る。ブースは7月~8月末までの期間中、午前8時~午後8時まで設け、常時2~3人の委託業者が窓口を担う。同事業の関連予算額は約900万円。

  • タグ: あんしん島旅プレミアムパスポート新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム