八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

東京五輪・パラリンピック大会開催について

 東京五輪・パラリンピック大会開催について、感染症・医療の専門家有志が「無観客開催が望ましい」と政府に提言した。入れるとしても政府が目指す1万人を下回るよう求めた▼分科会の尾身会長は「パンデミック下での五輪は、普通はない」と踏み込んでいたが、潮目が変わったのはG7。菅首相が各国首脳に開催を宣言し「国際公約」となってから。政治が五輪開催を既成事実化した▼加えて各国選手団の入国や、国内でも各競技の選手決定などが相次いで報道され、もはや後戻りできない雰囲気が醸成されてゆく。八重山でも新城幸也選手に続いて、西武の平良海馬投手が侍ジャパンの一員に選ばれた。こうした報道に接すれば、世界に羽ばたく島出身の若者の活躍に胸躍るのは当然だ▼でも有観客だと人流も接触も拡大する。対策を怠れば第5波の襲来は避けられそうにない。リスクを冒して有観客にこだわるのはなぜか。ただでさえ4万人を超す海外の関係者・役員らの水際対策は万全か▼開会式は2万人とする見通しという。「GoTo観戦(感染?)」に前進あるのみ、立ち止まれない。「直行直帰」に「常時マスク」など笑止▼五輪会場から最も遠い南島のわれら。家でテレビ観戦を決め込むことこそ命を守る手だて。国の威信に付き合ってなどいられない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム