八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サンドルチェ収穫最盛期 「食べてコロナ吹き飛ばして」

最盛期を迎えつつあるサンドルチェの収穫に汗を流す平良邦夫さん=18日午前、名蔵地区のほ場

最盛期を迎えつつあるサンドルチェの収穫に汗を流す平良邦夫さん=18日午前、名蔵地区のほ場

糖度高いパイン品種

 パインの品種「サンドルチェ」の収穫が市内の各ほ場で始まっている。名蔵地区にある平良邦夫さん(79)のほ場では、1万6000本あまりのサンドルチェを栽培。6月上旬から始まった収穫は7月上旬にかけてピークを迎え、お盆を過ぎた8月中旬ごろまで収穫を行う。パインの中でも糖度19度程度と甘さが際立ち、平良さんは「八重山のおいしいパインをたくさん食べてコロナを吹き飛ばしてほしい」と話した。

 平良さんは20歳のころからパインを栽培。サンドルチェは、新しく品種登録された2017年から扱うようになった。

 昨年と今年は、東京オリンピック開催の需要を見込んで8月までとれるサンドルチェを例年の2倍にあたる1万6000本植えたが、1年延期。平良さんは「今回こそは実現してほしいね」と笑う。

 畑から近い県道208号線沿いの石垣島アンパル農園パイナップル直売所では、妻のたま子さんがとれたてパインを販売。

 オリンピックの延期をよそに新型コロナウイルスの影響で観光に来られない人たちから例年の3倍から4倍近い注文があり「毎日、出荷作業が大変」とうれしい悲鳴を上げる。

  • タグ: サンドルチェ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム