八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西武の平良海馬投手は20日のロッテ戦で

 西武の平良海馬投手は20日のロッテ戦で34試合連続無失点のタイ記録を達成した。22日以降も記録を伸ばすのか。試合の中継画面にクギ付けになっていると、梅雨のうっとうしさを忘れることができる▼平良投手は東京五輪の野球日本代表にも選ばれているが、ウエブのニュースで確認すると、嘉弥真新也投手が選外となったことに言及しながら、その選考ポリシーを探る記事がみられた。選ばれなかったことが注目されるとは、その存在感もいかばかりか▼記録はどうか。2018年9月24日付の「日刊スポーツ」ウエブ版によると、嘉弥真投手は同日の日本ハム戦で連続無失点記録を31試合としている。球団タイ記録となるレコードで、これもまた偉業である▼日本野球機構(NPB)が公表している「出場選手一覧」によると、セ・パ12球団の出場選手の合計は356人。このなかには、平良、嘉弥真、そして大嶺祐太の3投手も含まれている▼国勢調査人口から計算すると、1軍の試合に出場するプロ野球選手は、人口約35万人余りに1人という狭き門をくぐり抜けてきたアスリートだ▼一方、八重山からは、人口1万7801人に1人の割合でプロ野球の1軍投手が出ていることになる。全国平均の20倍。これでは日々の試合にクギ付けにならざるをえない。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム