八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平良(西武)プロ野球新記録 開幕32試合連続無失点

開幕から試合連続無失点を達成した西武の平良=13日、メットライフ

開幕から試合連続無失点を達成した西武の平良=13日、メットライフ

 埼玉西武ライオンズの平良海馬投手(21)=八重山商工高校出身=は13日の中日戦で1点リードの九回から登板、打者4人を無失点に打ち取り、開幕から32試合連続無失点のプロ野球新記録を達成した。プロ4年目、進化を続ける若き剛腕が快挙を成し遂げ、プロ野球の歴史に名を刻んだ。

 4―3とリードした九回表、平良は抑えとして4番手でマウンドへ。先頭のビシエドに内野安打を許すも福留を三邪飛、堂上、代打木下を連続三振に仕留めた。今季6セーブ目をマークするとともに開幕から積み上げてきた連続無失点を32試合に伸ばした。

 試合後、ヒーローインタビューのお立ち台に上がった平良は「(新記録は)うれしい。1点取られたら同点だったので絶対に抑えるよう意識した。点を取られなかったので良かった」と振り返り、「1試合1試合の積み重ねだと思うのでまた明日も投げたら積み重ねたい」と冷静に語った。

 開幕からという条件を除いた最多連続無失点試合のプロ野球記録は2006年藤川球児(阪神)の38試合。パ記録は03年豊田清(西)、14年比嘉幹貴(オ)の34試合。平良は「越えられるよう頑張る」とプロ野球記録とパリーグ記録にも意欲を見せた。

 辻発彦監督は「すごいの一言。エラーなどで失点することもあるが、それがないのは本当にすごい」と若獅子の活躍を称えた。

 平良は1999年11月15日、石垣市新川生まれ。2017年ドラフト4位で西武入団。2年目の19年に1軍デビューを果たし、20年は54試合で33ホールド、防御率1・87の活躍で県勢初の新人王に輝いている。

 10日のDeNA戦で登板し、無失点記録を31試合に伸ばし、かつて「タジ魔神」の愛称で活躍した田島慎二投手(中日)の記録に並んでいた。

 

■「いつも遠くから応援ありがとう」 平良、ふるさとに感謝

 新記録を達成した平良海馬投手は球団広報を通して沖縄県民への感謝と決意のメッセージを送った。

 「沖縄の皆さん、いつも遠くから応援ありがとうございます。良い報告ができて本当にうれしい」と故郷に思いを寄せ、「明日以降も記録を目指して頑張ります。おごらずに頑張っていきたいと思う。応援よろしくお願いします」と抱負を語った。

  • タグ: 平良海馬プロ野球新記録
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム