八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1点リードで迎えた最終回のマウンド。先頭

 1点リードで迎えた最終回のマウンド。先頭打者に内野安打を許したものの、ベテランの福留孝介らを抑え、最後は三振でぴしゃり。少しはらはらさせて、最後はしっかり締める。少ない球数でもちゃんとドラマをつくり、期待通りに偉大な記録を打ち立てた▼八重山商工高校出身の平良海馬投手(西武)が13日の中日戦で、開幕からの連続無失点試合記録を32試合とし、新記録を樹立した。おかげで、13日の日曜日はとりわけ素晴らしい休日になった▼10日にタイ記録となった。11日付の「琉球新報」は「平良投手快挙『乾杯だ』」の見出しで八重山の反応を報じている。同校の伊志嶺吉盛元監督は「記録を目指せ」とメールで激励し、平良選手もそれに応える返信を寄越していたという。記録の向こうに名伯楽あり、である▼その翌日の12日、NHKのラジオ中継で解説の和田一浩さんは平良投手についてコメントし、「実力もあるが、運もある」と評していた▼次なる目標は、開幕からに限らないパ・リーグ記録の34試合。さらにプロ野球記録の38試合だ。平良投手は13日のヒーローインタビューで「(無失点を)積み重ねられるように頑張りたい」と語っていた▼常に動じることなく一球ずつ魂を込める。運と実力、そして、何よりも人があってのことなのか。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム