八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ムラプール奉納中止 2年連続、神事中心に

石垣市四カ字のムラプールの奉納芸能中止を発表する新川字会の金城文雄会長(右)ら=5日午後、大川公民館

石垣市四カ字のムラプールの奉納芸能中止を発表する新川字会の金城文雄会長(右)ら=5日午後、大川公民館

四カ字豊年祭 新型コロナ感染拡大防止

 四カ字・双葉自治公民館連絡協議会(金城文雄会長)は5日午後、7月25日に予定されている石垣市四カ字(新川、石垣、大川、登野城)の豊年祭・ムラプールについて祝典や奉納行事などを中止し、神事を中心に執り行うと大川公民館で発表した。オンプールは各字ごとに行う方針。ムラプールでの奉納の中止は昨年に続き2年連続となった。

 新川字会の金城文雄会長、石垣字会の森永用朗会長、大川字会の宮良長欣会長、登野城字会の新城浩健会長、双葉自治公民館の伊禮良憲館長の5人が2日に協議、市内で新型コロナの感染拡大が続く状況を受け「従来の形で執り行うことは困難」と判断した。

 同会は▽豊年祭の趣旨を生かし神事を中心とした祭りとする▽関係者(少人数)を主体に行事の充実を図る▽祝典・巻き踊り奉納・五穀の種子授けの儀・アヒャー綱・綱引きなどは中止する―と発表。また、旗頭奉納については各字が判断し対応する。若年層の感染が拡大傾向にあることから太鼓隊は編成しない。

 金城会長は「非常に苦しい選択となった。伝統行事を2年間行えないことは継承の観点からも不安を感じる」と真情を吐露、「行事に関わる名誉ある役職を与えられた方もいるが、発表の場もなく生かしきれなかった事について申し訳ない思い」と語った。

 オンプールやムラプールの詳細については今後各字会が計画していく。ムラプールに合わせ行っている農事表彰については各字表彰方法などを工夫して行う予定。

  • タグ: 四カ字豊年祭新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム