八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2年連続ハーリー中止 感染拡大、緊急宣言で断念

石垣市爬龍船競漕大会の2年連続中止が決定した(資料写真)

石垣市爬龍船競漕大会の2年連続中止が決定した(資料写真)

石垣市実行委

 旧暦5月4日(6月13日)の漁業者の伝統行事ハーリー・海神祭(石垣市爬龍船競漕大会)について石垣市ハーリー委員会は「御願バーリー」のみ実施を決定していたが5月31日、2年連続となる競漕大会の中止を決定した。新型コロナウイルス感染拡大と、県内に緊急事態宣言が発令されていることが理由。

 同委員会はこれまで、各組の神事と、航海安全と豊漁を祈願する御願バーリーの実施を決定。ほかの本バーリー「転覆」「上がり」は、感染状況を考慮した上で行う方向性だった。マドンナ、中学校対抗、水産関係ハーリーは中止を見込んでいた。

 ただ、市内のコロナ感染拡大と、5月23日に沖縄県が緊急事態宣言に突入したことで状況は一変。委員会を開くこともなく、電話連絡のみで大会開催を断念した。船をそろえるスネーも行わない。海神祭の神事は昨年同様に各組で実施可否を決める。

 同実行委員長で八重山漁協の上原亀一組合長は「緊急事態宣言の期間ということや県内、石垣市も感染者が増えているので開催を見送ることになり残念だ。みんな御願バーリーぐらいはやりたいと思っていた」と述べ、各地区の神事について「神事をやる分にはいいが、密にならないよう気を付けてほしい」と呼び掛けた。

 八重山地方ではこのほか、与那国の久部良自治公民館が海神祭を予定していたが、爬龍船競漕の中止を発表している。

  • タグ: ハーリー・海神祭新型コロナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム