八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

給付実績、半分に満たず 石垣市一時支援金

申請の受け付けを行っている石垣市一時支援金センター=28日午前、石垣港ターミナル2階

申請の受け付けを行っている石垣市一時支援金センター=28日午前、石垣港ターミナル2階

650件7230万円支給 「知らない人多い」と呼び掛け

 新型コロナウイルス感染症影響緩和を目的に石垣市が4月6日から行っている緊急経済対策、域内産業の連関回復一時支援金はこれまでに650件に7230万円を給付した。申請開始から2カ月近く経過するが、支援金総額1億7000万円のうち半分にも達していない。申請期限は6月30日。市は「早めの申請を」と促している。

 支援金は、県がことし1月8日に発した営業時間短縮要請、さらに県緊急事態宣言として同19日から2月4日の間に出した時短要請、首都圏など緊急事態宣言発令地域の移動自粛の影響を受け、売り上げや客足が落ち込んだ業者を支援するもの。県の時短要請協力金の対象店舗は対象外となる。

 要件としては売り上げが前年か前々年と比較して5%以上減少か20%以上減少した事業者。5~50万円の支援がある。タクシー事業については事業車両につき一律5万円、観光バス事業には事業者に一律50万円、宿泊施設には1部屋1万円(上限50万円)などとなっている。

 石垣港ターミナル2階検査室に設置されている一時支援金センターによると、これまで県などの支援がなかったマリンレジャー関係の申請が多く112件などとなっているが、小売業や宿泊業などは少ないという。

 担当者は「支援金のことを知らない人が多いかもしれない。対象になるか分からない人はまずは問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

 センターにはスタッフ3人が常駐し、金曜日には大濵旬也さんと上地望巳さんの行政書士2人が事業者の申請をサポートしている。「申請書類に不備があれば支給に時間がかかる。面倒かもしれないか。きちんと要領書を読み、分からない部分については相談してほしい」と話す。問い合わせと予約は同センター(070―4337―7093、平日午前10時~午後4時)。

  • タグ: 石垣市支援金
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム