八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新型コロナワクチン 個別接種開始へ

石垣市内の基本型医療施設で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まる(資料写真)

石垣市内の基本型医療施設で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まる(資料写真)

かりゆし病院31日 徳洲会来月14日

 高齢者(65歳以上)向け新型コロナウイルスワクチンの「個別接種」が石垣市内の基本型接種施設で始まる。開始するのは、かりゆし病院(境田康二院長)と石垣島徳洲会病院(池原康一院長)。かりゆしは今月31日、徳洲会は来月14日からそれぞれ行う。個別接種は、かかりつけ医に持病などを相談し安心して接種できることが利点といえる。

 両院は院内に超低温冷凍庫を設置した基本型施設。徳洲会の池原院長によると、コロナワクチンと異なる予防接種や通院で薬の投与を必要とする高齢者もおり、個別でないとリスクが高い人もいるという。「糖尿病やぜんそくなど基礎疾患を持っていて、集団接種が不安な方はかかりつけの医師や救急処置が施せる医療機関で個別接種を受けてほしい」とし、集団・個別のいずれかで接種を呼び掛けた。

 接種や予約のスケジュールは次の通り。

 【かりゆし病院】

 今月31日から接種開始(予約制)。接種日時は平日午後4~5時。1日あたり接種数18人。

 電話か窓口のみで予約対応(電話83―5600)。予約条件▽かりゆし病院通院者▽接種券付き予診票が届いている65歳以上▽集団接種に申し込みしてない者―。車いすなどで集団接種会場に出向くことが困難な市民らは相談に応じる考え。

 【石垣島徳洲会病院】

 来月14日から(予約制)。接種日は平日午後。1日あたり接種数30人。

 診察時、同院ホームページ、電話(88―0123)で予約可能。予約条件は接種券付き予診票が届いている65歳以上。

 両院とも予約に空きがある。今後、超低温冷凍庫を保有していない市内クリニック(サテライト接種施設)へワクチン配分も出てくるため、接種人数の変更も予想される。

  • タグ: 新型コロナウイルスワクチン個別接種
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム