八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 緊急事態、街や観光地閑散

緊急宣言で閑散とするユーグレナモール。観光客の姿も少ない=24日午後

緊急宣言で閑散とするユーグレナモール。観光客の姿も少ない=24日午後

酒類提供中止を掲げる看板。居酒屋の多くは休業している=24日午後、美崎町

酒提供停止、苦境の関連業

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため23日から沖縄県が国の緊急事態宣言に追加されたことで、石垣市内の繁華街や観光地が閑散とした。観光施設や居酒屋も臨時休業が相次ぐ。酒類提供店の休業に伴い、酒造所や酒販店は出荷が激減、苦境を迎えている。緊急事態宣言は6月20日まで。

 緊急事態宣言2日目の24日、美崎町の居酒屋前では臨時休業を伝える張り紙が掲示され、「酒類の提供を停止」するなど告示も。酒類の提供に制限がかかるのは、コロナ禍で初の事態だ。

 ある酒造所の経営者は「居酒屋への出荷は50%以上減る」と嘆く。昨年4~5月に発令された緊急宣言時と同じレベルの影響とみており「去年は2カ月間も注文がなかった。今回もそうなると思う」と経営危機を感じている。

 居酒屋休業は酒販店にも打撃を与える。ある事業所では、居酒屋に対する氷やノンアルコール飲料以外の酒類出荷がほぼ消えた。担当者は「売り上げで人件費をまかなえない。このままだと赤字が広がる」と懸念する。運転代行業者によると緊急事態宣言以降、繁華街・美崎町での需要が減少。ただ、知人宅で酒を飲む「宅飲み」が増え、運転代行の依頼はあるという。

 入域観光客数も同宣言期間中は減少すると見られる。石垣市観光交流協会のヒアリングによると宣言以降、市内リゾートホテルでは100室以上の宿泊キャンセルが入り、直近の修学旅行も中止に。航空旅客の石垣路線では搭乗率30%台を推移し、ビジネス客や作業員の移動が多いという。

 ゴールデンウイーク(GW)以降の観光客減少により、観光施設「石垣やいま村」では23日から6月20日まで臨時休業を決定。担当者は「GWが明けて一定数の観光客もいない。来場は10分の1ほどだ」と現状を語る。

 川平湾では晴天下でグラスボートが運航、1回の運航当たり2~5人の利用者がいた。ある業者によると、旅行社経由の団体客は全てキャンセルとなったが、一定の個人客がいる状況。「団体がいなくて苦しいが、休業しても飲食業と違って補償がない」と休業すべきか思案している。

  • タグ: 新型コロナウイルス緊急事態宣言
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム