八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

白保に消防団拠点完成 東部をカバー

関係者や地域住民らが参加して行われた市消防団白保拠点施設開所式=23日午後、同施設前

関係者や地域住民らが参加して行われた市消防団白保拠点施設開所式=23日午後、同施設前

展示訓練で消防ポンプ車から放水する消防団員ら=23日午後、白保公民館

専用施設では初 早期対応可能に

 白保や宮良など東部地域をカバーする市消防団白保拠点施設が白保小学校北側に整備された。市消防団専用としては初めての消防ポンプ車も配備され、市街地から遠い地域で早期の初期消火活動が期待される。23日、同拠点前で行われた開所式典で中山義隆市長は「白保地区で火災が発生した場合、市街地より到着に時間を要し、消防活動の遅延が懸念されていたが、拠点整備により早期の対応が実現できる」と述べた。

 これまで石垣市内には、消防団拠点施設を兼ねた施設として西部に消防署川平出張所、北部に消防署伊原間出張所が配備されていたが、今回、新たに市消防団白保拠点施設が、初の単独の消防団拠点施設として整備された。

 拠点は、敷地面積201・36平方㍍。鉄筋コンクリート造平屋建て99・76平方㍍で車庫や研修室、会議室などを備える。整備費は車両の3333万円と合わせて7275万円。辺地対策事業債を活用した。

 消防ポンプ車は水1500㍑を搭載し、毎分200~300㍑を5~8分間放水することができる。白保地区や宮良地区では防火水槽を活用することで、継続的な放水が可能となっている。

 白保公民館の池間孝夫館長は「市街地から遠く、被害が拡大したこともあり、住民は不安な中を過ごしていた。拠点の整備により被害拡大が抑えられる」と完成を喜んだ。

 式典後は展示訓練が行われ、隣接する白保公民館の屋根へポンプ車を使い放水した。

  • タグ: 白保市消防団白保拠点施設
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム