八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

酒、カラオケ休業対象に 緊急事態宣言きょうから

これまで時短営業に協力してきた店舗。コロナ禍と経営の両立を図ってきたが、23日からは休業要請の対象となる=22日夕、美崎町

これまで時短営業に協力してきた店舗。コロナ禍と経営の両立を図ってきたが、23日からは休業要請の対象となる=22日夕、美崎町

業者や住民に戸惑いも

 新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が23日から沖縄県全域で適用される。6月20日までの期間、酒類・カラオケを提供する飲食店に対する休業のほか県民には外出自粛、部活動休止など幅広く要請される。県内では連日、過去最多の感染者数が確認され、石垣市内でも感染拡大が止まらない。要請への協力徹底を求める声がある一方、「適用決定から開始までの期間が短い」と対応に戸惑う対象業者もいる。

 石垣市内でカラオケ店や焼き肉、ホテル、タクシーなど幅広く営む男性(47)は「休業要請には応じるが、周りに守っていないところが多すぎる。感染者が増えている現状を見ると、もっと徹底してほしい」と語気を強める。

 美崎町にある飲食店の店長は「ゴールデンウイーク(GW)から昨日まで観光客がたくさん来店した。マスクなしで来る人もいた。確かに売り上げは上がるけど、従業員の感染リスクや家族への影響を考えると、休業にした方がまし」と休業要請に応じる考え。一方、「市や議会がもっと早くから大々的に呼びかけしてほしかった」と不満も。

 母親と娘の三世代で22日に市内スーパーに訪れた30代女性は「前ほどは危機感もないし、周りも外に出てる。まん延防止のときと何が変わるのか正直わからない。観光客を止めた方がいいのでは」と首をかしげた。

 まん延防止の対象は郡内では石垣市のみだったが、全県対象の緊急事態宣言では竹富町と与那国町にも拡大する。

 西表島西部で飲食店を経営する40代男性は「緊急事態宣言の適用決定から開始までの期間が短く、内容も分かりにくい。県の要請には協力するが、土日なので行政の問い合わせ窓口が閉まっている。23日を前に細い点を確認したかった。ホームページさえ見ることのできない年配の経営者は大変だと思う」と話す。

 与那国島のある宿泊業者では、国が宣言発令を決めた21日に10件弱のキャンセルがあった。GWが繁忙期だったため、大きな打撃にはつながらないと見込む。

 今後の宿泊部屋数は半分以下で推移すると予測し、「7月にはカジキ釣り大会があるので、その時までに宣言が終わればありがたい」と願う。

 緊急事態措置の内容は多岐にわたり、部活動も原則休止となる。石垣市内50代の保護者は「密にならないよう工夫して短い時間でもやってくれないか。部活がないと帰宅後はゲームばかりで生活のリズムが狂ってしまう」と心配顔だ。

  • タグ: 緊急事態宣言
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム