八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一期米検査始まる JA八重山

出荷前の検査を実施するJAおきなわ八重山地区営農振興センターの担当者=21日午前、JA八重山地区ライスセンター

出荷前の検査を実施するJAおきなわ八重山地区営農振興センターの担当者=21日午前、JA八重山地区ライスセンター

初日7㌧すべて1等 28日からゆらてぃく市場で販売

 収穫が行われている一期米「ひとめぼれ」の出荷を前に、新米検査が21日、JA八重山地区ライスセンターで始まった。抽出したサンプルの形質、水分、色などを調べた結果、初日はすべて1等米と認定された。

 石垣島では14日から収穫が始まり、18日までに搬入された米7㌧を検査した。

 島内では28日からJAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で販売される。

 搬入のピークは、6月10日ごろで7月10日前後まで続く。本島向けの出荷は6月中旬ごろを予定している。

 今期は石垣島で650㌧、西表島で150㌧の生産が見込まれている。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センター農産部営農販売課の山根聡課長は「天候にも恵まれ日本一早い新米となった。ぜひおいしいお米を食べてほしい」と話した。

  • タグ: JA八重山一期米
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム