八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飼い犬・猫9匹が不審死 下痢に嘔吐

与那国島で飼い犬や猫が嘔吐などの症状で死ぬ事例が多発している(資料写真、記事と写真は関係ありません)

与那国島で飼い犬や猫が嘔吐などの症状で死ぬ事例が多発している(資料写真、記事と写真は関係ありません)

与那国祖納

 【与那国】祖納集落で10日から18日にかけ、飼い犬8匹と飼い猫1匹の計9匹が下痢や嘔吐の症状で死んでいたことが確認された。死因は不明で、町は住民に注意喚起を行っている。八重山警察署も死因などの調査を進めている。

 町によると不審死の情報は17日以降、飼い主や近隣住民から寄せられた。犬8匹は町民6人がそれぞれ飼育。主に室外で飼われていた。中には飼っていた犬が2匹とも死んだ事例も。症状はいずれも血の混じった嘔吐、下痢という共通点がある。同様の症状があって体調が回復した犬もいた。

 町は18日夕方、各家庭に設置されている防災無線で注意喚起。「ペットに異変を感じたら連絡を」「亡くなった犬がいたら窓口に来て」など呼び掛けた。注意喚起は20日まで行う予定。

 毎年、獣医師が島に出張して行う狂犬病予防接種は26、27日に予定していたが、今回の不審死を受け6月8、9日への延期が決まった。

 まちづくり課の担当者は「死因は調査中で何も言えない状況」とした上で「全て祖納地区。同じタイミングで自然に死ぬことはないと思う」と話した。町内での犬の登録件数は4月末時点で85頭。

 祖納で犬を室内管理している60代男性は「感染症じゃないかと言われているらしいが、死に方が普通じゃない。毒殺の可能性もある」と指摘。別の30代男性は「感染症かわからないが、過去には猫を殺す人もいた。家畜以外の動物を意図的に殺すことは普通の感覚だとできない」と懸念した。

 八重山署によると、関係機関から不審死に関する連絡を受け17日から死因などの調査を実施。死んだ犬に目立った外傷はなく、現時点で不審者情報も寄せられていないという。

  • タグ: 犬猫不審死与那国祖納
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム