八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「キャベツのどぅーじるをつくったから…

 「キャベツのどぅーじるをつくったから、お口汚しかもしれないが、食べてみてね」。近所の親類から先日、お裾分けをいただいた▼「どぅーじる」。「どぅー」は自分、「じる」は汁という意味である。つまり、キャベツの自汁。じっくりダシで煮込んだという。昼食を終えて満腹だったので、その日の晩酌で冷やしていたものをいただいた▼自汁とダシの両方が効いてうまい。あっさりしている。鶏肉を加えたら、ウメを入れて酸味を加えたら、薬味を足してみたら…とあれこれ味の想像が膨らんだ▼その親類いわく「盛友のばーばー(祖母)もよく作っていたはずよ」。そう言えば幼少のころ、祖母の作る汁物は具だくさんだった。例えばヘチマの汁は自汁だけの煮物だったように記憶する。へちまから出る甘い水分は、大人になってこそおいしく感じられるようになったが、そのころは「おいしくない」と文句ばかり。そのうち祖母が作る回数も減り、いつの間にか食卓に上らなくなった。苦い思い出である▼でも、今では具だくさん汁が大好物。おかずの量が少なくてもいい。汁とご飯だけでもいい。汁物があるときは、それが必ず食事の締めとなる▼ヘチマ、キャベツ、トーガンなど、それぞれに自然と出る良い味がある。人にも言える。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム