八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市有地を違法伐採 石垣市、行政指導へ

国の名勝で国立公園内に入っている川平湾の小島。赤丸部分に市有地伐採カ所がある=27日午前、小型無人機で撮影

国の名勝で国立公園内に入っている川平湾の小島。赤丸部分に市有地伐採カ所がある=27日午前、小型無人機で撮影

伐採された市有地の普通林(石垣市提供)

川平湾小島

 国の名勝「川平湾及び於茂登岳」に指定され、国立公園区域に入っている石垣市川平小島で森林区域内の一部市有地が伐採されていたことが28日までに分かった。川平公民館(高嶺守館長)は同日、「重大な懸念を抱いている」として市に行政指導の徹底を要請した。市は今後、伐採者を特定し、国立公園を管理する環境省とも連携して関係法令に基づき原状回復を求める。

 市によると、関係者から通報を受け、16日に現地を確認した。28日までの調査によると、民有地に隣接する海岸線沿いの普通林約64平方㍍が伐採され、民有地から海浜にアクセスできるようになっていた。市はロープを設置、市有地への立ち入りを制限している。森林法、文化財保護法、自然公園法などに抵触するという。

 川平公民館の要請に棚原長武農林水産商工部長は「顛末書を出してもらうことになると思う。これに基づき原状回復を指導するが、方法については環境省と調整している」と説明、中山義隆市長は「川平湾は八重山観光の財産。価値を落とさないようしっかりと守っていく方法をとりたい」と応じた。

 公民館などによると、仲筋側と小島間の保護水面域を往来する4輪バギーが目撃されており、「川平湾内ではいずれ水上バイクが走るのではないか」と懸念。中山市長は「関係機関と連携して適切に対応していく」と述べた。

  • タグ: 市有地違法伐採石垣市川平小島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム