八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大陸から離れた島国・日本。常に海外から…

 大陸から離れた島国・日本。常に海外からどう見られているかを気にする国と国民である。ゆえに「世界が驚いたニッポン」などTV番組があふれ、コロナ禍の今も健在▼その「外から目線」を今、最も気にしているのは菅政権だろう。「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして開催する東京オリンピック・パラリンピック」の表現を前任者から引き継いだ総理は、もはやこのフレーズを口にしない▼第4波は変異株が猛威を振るい、政府は4都府県に3度目の緊急事態宣言を発出した。沖縄県のまん延防止重点措置も5月11日まで延長された。お隣の宮古島市が追加され、聖火リレーも中止となった。身の回りにひたひたと押し寄せる危機感がうとましい▼たとえ無観客でも五輪開催とワクチン接種こそが菅政権唯一の再選戦略。海外メディアからは日本政府の対応に批判や懸念の声があがる▼県出身選手や白血病をみごと克服し代表入りした水泳の池江璃花子選手をあげるまでもなく、こんな時だからこそアスリートの躍動を見たい。だが感染拡大とワクチン接種の遅れを見れば心は揺れる▼ワクチン接種順位をめぐる石垣市の判断も揺れた。現場とトップの連携不足なのか方針が二転三転。「外から目線」を気にしては先行きが思いやられる。 (慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム