八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「漁獲ルール順守を」 イセエビ類・セミエビ類

捕獲が禁止されているシマイセエビ(県水産課提供)

捕獲が禁止されているシマイセエビ(県水産課提供)

7月31日まで禁漁期間

 イセエビ類・セミエビ類の禁漁期間が1日からスタートしたことを受け、県は周知を図るとともに漁獲ルールの順守を呼び掛けている。期間は7月31日まで。

 イセエビ類はシマイセエビやカノコイセエビなど8種、セミエビ類はセミエビとコブセミエビの2種類が対象。期間中は違反して採捕したエビ類の所持、販売が禁止されている。また、体長20㌢以下の個体、抱卵個体のセミエビの採捕は年間を通じて禁じられている。

 違反した場合は罰則として6カ月以下の懲役、または10万円以下の罰金が科せられる。

 対象は漁業者含め、遊漁者、仲買、販売業者など全般。県は飲食業組合や県ホテル旅館業組合、各地区商工会などにチラシを配布するなど周知を強化している。

 県水産課の能登拓課長は「イセエビ類は4月から7月にかけて産卵期を迎える。この期間を禁漁とすることは水産資源を将来にわたって持続的に利用するための非常に重要な取り組みとなる。ご協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

  • タグ: 禁漁順守
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム