八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

25日の石垣市から開始 竹富町来月8日、与那国は中旬

37343.jpg

高齢者ワクチン接種 65歳以上約1万3400人

 八重山3市町の65歳以上を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が、石垣市の今月25日を皮切りに始まる。竹富町は竹富島で5月8日、与那国町は5月中旬からそれぞれスタート。対象の高齢者は3市町で約1万3400人に上る。

■竹富町

 町は、対象の高齢者1066(竹富114、黒島61、小浜151、西表東部・新城235、西表西部・船浮334、鳩間16、波照間155)人を5~7月にかけて2回の接種を行う。接種日は土日を利用し、かりゆし病院の医師が2人体制で竹富、黒島、西表西部、西表東部、小浜、波照間の順で回る。新城は東部、船浮と鳩間は西部の各会場で集団接種する。接種後、副反応があれば各島の診療所と連携し対応にあたる。

 人数の多い西部は3グループ、東部は2グループに接種日を分ける。

 町は9日に竹富、黒島の対象者へ接種券や予診票を同封した書類を発送。今後、その他地域にも順次発送していく。

 任意のワクチン接種は事前予約が必要。予約が無ければ接種は受けられない。町は、円滑な予約につなげるため、職員を各島に派遣し事前に予約を受け付ける。

 本人か代理人は記入した予診票を予約会場に持参し、お薬手帳などと一緒に提出する。定期通院者は予約受付日までに主治医へ接種の可否を確認しなければならない。

 町には、今月26日をめどに米ファイザー製ワクチン1箱(975~1170回分)が到着予定。

■石垣市、与那国町

 石垣市では19日ごろまでにワクチン2箱が到着予定で、25日から集団接種を行う。65歳以上の対象者が約1万2000人と多いことから2回に分けて実施。第1弾は75歳以上の後期高齢者の4800人、第2弾は65歳から74歳の高齢者7200人に接種する。

 まだ初回接種の終わっていない医療従事者約600人もこの期間に合わせて行われる。

 与那国町の65歳以上の対象者は約400人。26日以降にファイザー社よりワクチンが到着する予定で5月中旬からの集団接種を予定している。

  • タグ: 新型コロナワクチン接種
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム