八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

牛と畜でハサップ取得 海外への輸出も可能に

石垣牛の格付け作業。加工から出荷までハサップの衛生管理手法がとられる(八重山食肉センターのホームページより)

石垣牛の格付け作業。加工から出荷までハサップの衛生管理手法がとられる(八重山食肉センターのホームページより)

ハサップ認証を取得したと発表する中山義隆市長(左から2人目)ら=30日午後、庁議室

八重山食肉センター

 ㈱八重山食肉センター(代表取締役社長・中山義隆石垣市長)は30日、牛のと畜解体と内蔵処理、部分肉加工の部門で公益財産法人日本食肉生産技術開発センターから製品の安全性を確保する衛生手法HACCP(ハサップ)の認証を26日付で得たと発表した。ことし6月から食品衛生法の改正でHACCPによる衛生管理が完全義務化されることから、同社はそれまでに豚、ヤギ、馬の各部門でも認証取得を進める。

 ハサップは、原材料の受け入れから加工・出荷までの各工程で、微生物による汚染や異物の混入などの危害を予測し、危害防止につながる特に重要な行程を連続的・継続的に監視・記録する手法。危害分析重要管理点方式と呼ばれる。

 同社は2019年度から導入に向けた取り組みを開始。人材育成を図るとともに業務の改善や見直しを行い、衛生管理基準計画を作成している。具体的にはハサップの7原則12手順書に沿って作業を進める。

 海外輸出には輸出先の衛生基準に適合させる必要があり、同者の基準ではマカオ、タイ、ベトナムへの輸出が可能という。

 市役所庁議室で会見した中山市長は「輸出先国の規制やニーズに対応した製品を製造するための施設や機器の整備に取り組んでいく。日本最南端の税関空港南の島石垣空港の利活用にもなり、地域経済発展にも大いにつながっていくと思う」と期待した。

 社内で衛生管理を担当する事業部衛生・品質管理課の大浜将課長補佐は「海外輸出という目標に向かい、衛生管理と品質向上を県内トップレベルにしていきたい」と意気込んでいる。

  • タグ: HACCP(ハサップ)八重山食肉センター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム