八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「予想以上のリバウンド」 新型コロナ

危機感を示し、感染対策への協力を呼び掛ける玉城デニー知事=24日、県庁

危機感を示し、感染対策への協力を呼び掛ける玉城デニー知事=24日、県庁

知事、第4波突入に危機感

 【那覇】玉城デニー知事は24日、県庁で会見し、新型コロナウイルスの独自の緊急事態宣言が終了した2月末時点と比べて1週間当たりの新規陽性者数が3倍近くに増え続けているとして「予想以上に大きなリバウンドとなっている」と強い危機感を示した。

 県によると1週間当たりの新規感染者数は2日時点の108人から9日には23%増の133人、16日には42%増の189人、23日には61%増の304人と急激に拡大。

 飲食関連の陽性者は13日までの1週間で33人だったのに対し、20日までの1週間には75人と2倍以上になっており、年代別では20~40代の若い世代が全体の約62%を占めている。

 感染の広がりにブレーキをかけるために①歓送迎会の自粛②模合や会食は4人以下短時間で③春休みの帰省などでは早期のPCR検査受検―を求めた。

 玉城知事は「県民の協力が得られなければ第4波に突入し、強い措置を検討せざるを得ない状況になるかもしれない」と強調し、県民や事業者に対して感染対策への協力を改めて呼び掛けた。

  • タグ: 新型コロナ陽性者数
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム