八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「第4波」が始まっている。県内の最近の…

 「第4波」が始まっている。県内の最近の新型コロナウイルスの新規感染者の数を見るとそう感じる▼23日が75人、24日が68人。その半数以上が推定感染経路が不明。若者に加え県外からの移入例が増加傾向にある。3例が見つかっている変異株の感染拡大も心配だ▼先月末で県独自の緊急事態宣言が終わり、飲食店に要請されていた時短営業、住民への不要不急の外出自粛など一連の制限が解除され、人の動きが日常に戻ったことでそのリバウンドがおきているようだ▼加えて、国の緊急事態宣言も21日の1都3件を最後にすべて解除され、県外からの人の移動が活発になったことも影響している。入域観光客の増加で疲弊していた経済界は一息つけそうだが、感染拡大は、憂慮すべき状況となり、いっそう、対策の強化が求められる事態に▼石垣市内でも先週、ガールズバーで20代の利用客と従業員でクラスター(感染者集団)が発生。その接触者の広がりが完全に追えていない。21日の市成人式後の飲食で、感染がさらに拡大することも懸念されている▼医療従事者からワクチン接種も始まり、一般住民までのスケジュールが現実として見えてきた。コロナ対策の切り札となるワクチンの効果が全体に行きわたるまで、もうしばらく我慢が必要だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム