八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

バイオ燃料とハイブリッドドローンで試験

竹富港からクルマエビを運ぶハイブリッドドローン=16日午前、八重山漁協近くの石垣漁港

竹富港からクルマエビを運ぶハイブリッドドローン=16日午前、八重山漁協近くの石垣漁港

島間物流に成功 ユーグレナ社など

 バイオ燃料を生産する㈱ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)=東京都=と、エンジン発電機搭載型のハイブリッドドローンを開発する㈱エアロジーラボ(谷紳一代表取締役)=大阪府=が16日、ハイブリッドドローンにユーグレナバイオ燃料を使用した日本初の物流実証試験を竹富島・石垣島間で行い、成功させた。離島間物流の課題を解決する1歩としている。

 バイオ燃料はユーグレナ社のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで製造されたもので、微細藻類ユーグレナと使用済み食用油などを原料とする。燃料の燃焼時に二酸化炭素を排出するが、ユーグレナが光合成によって吸収するため、排出量実質ゼロのカーボンニュートラルを実現している。

 エアロジーラボ開発のハイブリッドドローンは発電機を搭載しているため最大150分の飛行が可能。重量は20㌔。最大積載量は4㌔。2020年10月に開発、ことし2月からはKOBASHI HOLDINGS㈱(小橋正次郎社長)=岡山県=の子会社と量産体制を構築している。

 実証試験では、ユーグレナ竹富エビ養殖㈱で生産された活クルマエビ1㌔を発泡スチロールに梱包してドローンに積載。竹富港を離陸して高度100㍍の上空を飛行、約15分後に石垣漁港に着陸した。

 出雲社長は「目的は離島振興。クルマエビなど高付加価値のものやワクチンなど大切なものを運ぶことができる。成功したことで利活用の範囲が広がる」と期待。

 谷社長も「ハイブリッドドローンは島しょ部の物流に適している。バイオ燃料なので地球に負荷をかけない。離島の問題解決に頑張りたい」と話した。

 実証試験にはKOBASHI HOLDINGSと㈱リバネス(丸幸弘代表取締役グループCEO)=東京都=が協力した。

  • タグ: 物流ドローン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム