八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山の海びらき20日 YVB

「日本最南端! 八重山の海びらき2021in竹富島」の開催をPRした中山義隆市長(左)=4日午後、市役所

「日本最南端! 八重山の海びらき2021in竹富島」の開催をPRした中山義隆市長(左)=4日午後、市役所

竹富島コンドイ浜

 一般社団法人八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆市長、YVB)は4日、ことしの海開きを竹富島のコンドイ浜で「日本最南端! 八重山の海びらき2021in竹富島」として20日に実施すると発表した。八重山の一足早い夏の訪れを全国にアピールするとともに海の安全を祈願する。

 石垣島底地ビーチで行われた昨年は、新型コロナウイルスの影響で規模を縮小。関係者のみでの開催となったが、ことしは感染予防対策を徹底することで例年通りとなる。

 来場者には、県の新型コロナ対策の「RICCA(リッカ)」への登録や健康チェックシートの記入、検温、手指の消毒などを徹底。観光客など郡外からの来島者には、石垣市の「あんしん島旅パスポート」や竹富町の「1週間健康観察システム」の活用を呼び掛けている。

 プログラムは海びき祈願に始まり、海びらき宣言やTシャツデザインコンテスト表彰式、第42代ミス八重山発表、迎里計ライブ、ありんくりんお笑いライブ、宝探し、サバニ体験など。

 前身の「うるずん八重山海びらき」から数えてことしで43年目。中山市長は「八重山の夏の訪れをお届けしたい」と話した。

  • タグ: 八重山海びらき
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム